急に20万円が必要になった時に銀行からお金を借りる方法について

審査基準をしっかりと把握しておけば、銀行から20万円という金額をカードローンすることは難しいことではありません。 銀行から借り入れをする際は消費者金融とは違ってすぐに融資をすることは出来ませんが、数日程度待っていればお金を借りられますし、金利が低く設定されてある事と借入金額が高めであることがメリットです。 そして審査をする際は様々な審査項目がありますが、自分の職業や年収と勤続年数について確認されます。 もちろん年収が高いほうが審査に通りやすいですし、公務員などの安定した職業の方は評価が高いとされています。 そして勤続年数も大切であり、勤続年数が短ければ評価が低くなって審査が通りにくくなってしまいます。 また、審査の内容はお金を借りる企業によって異なるようです。 カードローンでお金を借りるときや 消費者金融からお金を借り入れする際は総量規制というものが関係しており、この総量規制により1年の収入の3分の1までのお金を借り入れすることが可能です。 これでは年収が低い人であればお金を借りる額も少なくなってしまいますが、しかし銀行は総量規制の対象外であるため、審査に通ればカードローンを利用出来ます。 そして今ではインターネットからでも申し込みをすることが可能であるため、仕事が忙しい方でも時間を気にせず申し込めますし、ATMでは借り入れの状況を確認することが出来るので便利です。 最後に、お金の借り入れをする際はしっかりと計画を立ててから利用するようにしてください。

実質金利を計算する年金利回り法で利息を支払う

年金利回り法とは何かを説明していきたいと思います。 簡単に言うと、実質金利を算出する計算方法の事です。 もう少し詳しく説明すると、返済金額の中から融資を受けた時間に発生する利息分を引きます。 その金額から、元金充当分を計算していく方法が年金利回り法です。 一般的にはこの計算で出る金額のことを、実質年率という呼び方をしてます。 では、具体的な例をあげて説明していきます。 初めに年利ですが、年間で発生する利息の割合が実質年率と呼ばれてます。 ですから、年利が15%であれば、融資を受けた金額の15%を1年間に利息として支払うことになります。 10万円借り入れた場合、1年間の利息分は15,000円となります。 しかし、キャッシングなどの融資を受けた場合だと、毎月返済をするので融資を受けた金額が少なくなっていくのです。 そこで、年金利回り法を使って過ぎた時間の利息を引き出します。 融資額が10万円で年利が15%、毎月1万円返済するという設定で考えていきましょう。 1ヶ月の利息を計算するには、融資を受けた金額へ年利を乗じて、365日の経過時間を掛けた数字で割ります。 数式にすると、10×15%÷365×30となり、算出される金額は約1,233円です。 さらに、返済する金額からこの1,233円を引いて元金充当へ当てることになるので、元金充当額は8,767円です。 このような計算方法で誰でも簡単に金利の算出を行うことが出来ます。 計画的に借りて返済をしたいと誰しもが思っていることですが、実質融資された金額と返済していく金額には差額が生まれるため、あらかじめ計算をしておくことが必要ではないでしょうか。